読書と日常がメインの日記です。


by watarajp

国民新党

小泉強権政治に対し、選挙対策の観点から、離党して作られたようだ。
裏では、きっとドロドロしたものがあるのだろう。

でも、今ひとつ説得力がない。数が少ないというだけでないい。

郵政民営化法案に対して反対票を投じた政治家のすべてが、私は、小泉構造改革に反対でない、
とか、郵政の民営化に反対なのではない、とか何故反対票を入れたのかわからない弁明に終始しているようだ。

国民新党が合流に期待している政治家が、ろくでもないような、終始一貫しない人たちなのだから。。平沼しかり、野田聖子しかり、小林興起しかり、堀内にしろそうだ。情けない連中ばかり!!

今回は、政治家が、いかにでたらめなのかを感じている。
さて、9月11日衆院選どうなるのか?
by watarajp | 2005-08-20 10:21 | 政治、社会