読書と日常がメインの日記です。


by watarajp

「なぜ、宇多田ひかるがコロンビア大学に入れるのか」小山内大著

最近、図書館で借りてきた本です。
これを読むと、アメリカの大学生が、いかに勉強しないか、楽に学校には入れるのか、全体の学力落ちながらもみんな成績は上がるのはなぜか?いろいろ面白いです。

少子化の進む日本も、大学全入時代ですから、同じようになるのかとも思います。
ある意味、日本もアメリカ型の社会になっていくのでしょうかね。

それにしても中学で習う数学などが、アメリカの大学生にとっては、専門知識であり、みなが学ぶ必要ないというのには、びっくりします。

世界から人材を集められる、アメリカではありますが、お膝元が、困難で委員会なと思うないようでした。
アジアとアメリカでは教育に対する考え方が、違うのでしょうね。
by watarajp | 2005-08-22 11:00 | 読書