読書と日常がメインの日記です。


by watarajp

円安はどこまですすむの?

ドルに対しても、カナダドル、オーストラリアドウッル、NZドルなど軒並み円安に進んでいる。
いったいどこまで進むのか??

資源通貨が強くなっているというが、結局のところ、そうなる根拠は何なのでしょうか?

オイルの高騰にしてもじわじわと今後消費者えの影響は進んでいくのだろう。
日本の会社はコスト削減をリストラでやってきたのだろうが、さらに必要となっていくのだろうか?

輸入品が、ある意味当たり前で、中国などの新興国が安く、優秀な労働力でいい製品を作るという勝手なイメージがあるが、今後賃金の高騰、円安などで、必ずしも、今までのようにはいかない、という漠然としたものがある。


FXはお休み状況に近い。あまりにも難しいと思ってしまうからだ。
まだまだ、ドル高は進むというHPの記事もあるが、なぜか信じがたいのもあるんだよね。

ファンディメンタルな部分では、日本経済が、一時のどん底は過ぎたし、なんかどんどん円安になる意味ってあるんかなぁとo持ってしまいます。

日本と各国の金利差はあるにしても、-----不思議不思議???

そう思っているのは私だけなのでしょうか??
by watarajp | 2005-10-12 17:31 | 為替・FX