読書と日常がメインの日記です。


by watarajp

本当にだいじょうばか?

refcoのアメリカ本社の不祥事がネット上でにぎわっている。

本当のところ、いわゆる外資系というのは、どこまで信じていいのでしょうか?
今のところ、口座は、ひとつでやっています。

しかし、外資系は本当に手数料が安い。
また、会社の規模もメチャメチャでかいところが多い。

だからこそ、安心かと思うと、必ずしもそうではないらしい。

こういった業界は、いろいろな資本が進出し、どこの会社なら安心できるのだろうか?

手数料以上にこういったことこそが重要なんだろうか?

まだまだ証拠金取引の仕組みは分かってイなけど、だからこそ思うのです、


顧客であるわれわれが儲かる利益が上がるというのは、会社にとっては、どうなのか?
同時に会社の利益としてうごいているのか?

彼らは、どこで儲けているのか??
銀行のように手数料が高ければ問題ないだろう。
しかし現在3ポイントや4ポイントのスプレッド差で儲かるんだろうか?

為替はゼロサムゲーム   と書いてあるHPもあるが、そんな簡単に儲かるんなら、一体、誰が、損失を出しているんだろう??

不思議です。
[PR]
by watarajp | 2005-10-18 21:22 | 為替・FX