人気ブログランキング |

読書と日常がメインの日記です。


by watarajp

増税について

増税について考えませんか というhpがあります。
税金がいくら上がるか明示してくれるサイトです。

確かに便利です。
いくら増税になるか一目で分かります。

当たり前のことですが、定率減税の廃止ですから、サラリーマン増税でなくすべての人への増税です。(何故?サラリーマン増税なのか?)
それはどうでもいいことですが、やはり自営業者の私にとっても増税であることはゆうまでもないし、消費財の課税売り上げが1000万に下がったことで30万くらいはすでに消費税を払うことになりました。中小の事業者が税金払えないから、辞めていくというのは、人事ではありません。
もちろんこの消費税は、租税公課という経費になります。しかしながら、矢継ぎ早の増税には参ります。
日本の国家財政が破綻状況にある現在、ある意味致し方ないのですが、その前に公務員政治家がコスト意識を持ち余分なもを減らせるだけ減らしてほしいと思います。
既得権益者にとっては、優遇状況は変わらないにもかかわらず、負担だけは大きくなるでは、たまったことではありません。公共の無駄遣いをやめその上ですべての人に等しく増税すべきです。年金の流用や無駄な投資などちゃんとメスを入れてほしい。
マスコミは、無駄を煽ることは煽るが、本当のところどうしたらいいか、といった建設的な意見、議論はしません。

少なくとも国家・地方あわせ800兆とも1000兆といわれる膨大な赤字をどうしたらいいか、そのこともちゃんと見据え議論してほしいですね。

税金払いたくないのは、みんなそうです。誰も払いたくないけど、サービスは欲しい。
それは事実です。
そういって借金増やして、なんとかなるならそれが一番です。

最後は、どうなるのでしょうか?

わからないけど徹底的な支出のカットはやってほしいですね。

ハイパーインフレでもいいです。そのほうが、税金取られるよりいいかなって、私は思っています。

( 追記(5/7記入): これは完全なる皮肉です。ある程度のインフレしか日本財政の破綻を防ぐ方法はないと思っているからです。)
by watarajp | 2006-05-05 19:39 | 政治、社会