読書と日常がメインの日記です。


by watarajp

子猫殺しの。。。

子猫殺しで有名になった?直木賞作家の本を読んでいます。

坂東真砂子「梟首の島」

この作家は、独特なかんじのある作家で、結構楽しみだし、好きだったのですけど。
記事には残念な感じがします。

人間、食べるために家畜を殺すことがあります。食物連鎖の最上に立つ人間は、何でも(鳥類から、家畜動物はては、魚介類、珍味といって昆虫まで)殺し何でも食べます。そういった動物は、人間以外にはないでしょう。
しかし愛玩動物を意味なく殺すとなると非難ごうごうは当たり前でしょう。

自己欺瞞といわれようがそれは真実です。ペットとそれ以外の動物は違うのです。

「環境にやさしい」などといいながら「環境」悪化のための行動をするのが人間です。
必要悪とモラル上の悪は違うでしょう。

何がこうした発言をさせるにいたったのでしょうか??


本の内容は、読み終わったら、書こうと思います。
by watarajp | 2006-09-23 18:47 | 読書